FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動シャクリ機の改良(3)

↓さて、このBOXの中身の詳細ですが、
IMG_0680.jpg

上のスライドスイッチはワイパー機能のスイッチで左から、

「OFF」→「間欠」→「Lo」→「Hi」

の順になってます。
そして下の謎のダイヤルの正体ですが、上記のワイパー機能とは別系統で、

↓今回、こんなアイテムを付けてみました!
IMG_0681.jpg

このアイテムにより、飛躍的に自動シャクリ機の調整の幅が広がります。
一応、このアイテムが耐久性が未知数なので、トラブルにより現地で使用出来なくなった時を考えて、
あえてワイパー機能とは別の単独系統で取り付けしています。
そして以前、

「僕はリンケージのガタによる間を大切にしている!」

と記しましたが、間欠時間をコントロールできる事になったので今回、リンケージを直結式にしてみた次第です。
ちなみに、これでスローで動かしたい時のトルク不足にもある程度対応出来るようになりました。

ただ一応、無負荷状態で1時間程度の動作確認テストはしてみたものの、負荷状態での耐久テストは、
まだ行っていないので不安材料を残しています。
でもそんな時の為に、わざわざ電気系統を別々にしているし最悪の場合は、

↓先日、もう1台買ってあるので大丈夫!(^^)v
IMG_0668.jpg

春の苫小牧ニシン釣りで、いきなり実釣&耐久テストを行う予定でおります!

あとノーマル自動シャクリ機との比較テストも行いたいですね~。
でも長竿を1本しか所有してないので、今年はちょっと無理かなぁ~!?(><)

テストは、「同じ日に、同じ場所で、同じ竿と、同じ仕掛け」 を使って行わないと意味がないと
個人的に考えているので~(^^;)
それまでに同じ長竿をもう1本買い足すお小遣いの余裕があれば良いのだけれど・・・・・・・。


[追記]
電気系統に関して僕は全くの無知なので今回、知り合いの自動車修理工場に配線を依頼しました。
そのため電気系統の細かなことを聞かれても僕には回答出来ませんのでヨロシク!


ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 釣りブログへ  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ


スポンサーサイト

自動シャクリ機の改良(2)

電源スイッチと可変抵抗器のダイヤルの移設位置ですが、

↓ここに移動しました!
IMG_0677.jpg

魚が掛かった時や竿を上げる時は、必ず電源を切らないと負荷が掛かって可変抵抗器若しくはモーターが
故障してしまうため、スイッチの入り切りは頻繁に行います。

ノーマルの場合、シャクリ機本体の下の方にスイッチが取付けられているため、案外使いづらいんです。
そのため、上方に移動!(^^)v
あと個人的にはサイドにスイッチがあった方が扱いやすいので、この位置にしました。

可変抵抗器のダイヤルも、自動シャクリ機のセッティングにおいて、僕は使用頻度が意外と高いので、
ノーマルと同じくスイッチの下の扱い易い位置に配置してます。

「それよりも、その下のBOXは何!?」

って感じでしょうけど、その辺の話は後日しますね~!


ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 釣りブログへ  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 


自動シャクリ機の改良(1)

最初は自動シャクリ機を

「すべて自作しようかな♪(^^)」

と思っていましたが、1から自分で作るには、いろいろ大変なことが多いので市販品をベースに改良する形で
結果的には落ち着きました。(^^;)

↓見た目はノーマルと変わらないように見えますが・・・・・・。
IMG_0683.jpg

↓リンケージは直結式にしています!
IMG_0682.jpg

「前に言ってた事と矛盾してるじゃん!!」

と言われるかも知れませんが、その辺は後日お話しますねー!

でも・・・・・・・。
このままの状態だと、ノーマルの時には簡単に出来たウェイトのバランス取りが難しいんですよね・・・・・・。

「その辺はまだ改善の余地有り?」

ってことでしょうか!?(><)

又、同型のシャクリ機を持ってる人なら気付くかも知れませんが、電源スイッチと可変抵抗器のダイヤルの
位置を変更しました。

~~その詳細は後日~~


ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 釣りブログへ  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 


意外と奥の深い自動シャクリ機!

[*ここから先は自動シャクリ機を持っている人か関心のある人にしか、
よく判らないような話になると思うので、興味のない人はスルーして下さい。]


基本的に、自動シャクリ機には可変抵抗器によるスピード調整機能を付けます。
自動シャクリ機を使ってるのを見ると判ると思いますが、シャクリ機の回転スピードは主にスローで使用されます。
高速でブンブン動かしている人は、殆どいません。 

ただここが問題でして・・・・・・・。
可変抵抗器でスピードを落とすと、電圧が落ちることになるのでモーターの回転と共にトルクも落ちます。
軽い竿と仕掛け(オモリ)で釣りをするならまだ何とかなりますが、苫小牧のニシン釣りのように10M竿を
使用した釣りでは、幾らウエイトでバランスを取っていたとしても、竿を振るのに相当負荷が掛かるので、
竿をゆっくり振ろうとしてスピードを落とすと、

トルク負けしてシャクリ機が止まります!(><)

逆にスピードを上げれば、電圧があがりパワーも上がるので、止まったシャクリ機がまた動き出します。
もちろん、遅ければ遅いほど釣れる訳ではないのですが、ただ闇雲に高速でブンブン竿を振るような釣りを
している人は、たとえ手釣りでもいないと思います。

よく魚に仕掛けを喰わせるタイミングを与えるために、仕掛けの動きをたまにわざと静止させる釣り方をしている
人を見掛けます。
釣りのビデオか何かでも、フィッシングキャスターがその話を紹介しているのを見た覚えもあります。

リンケージ直結ではスイッチを切らない限り、常時竿が上下に動いてしまいますが、ノーマルリンケージの場合、
ガタが起こす 「間」 が有効に作用して、竿の上死点と下死点で竿が静止する時間帯が作られます。

さらにスローで回せば回すほど、その 「間」 が長く取れるので、個人的にはその部分を大切にしています。
ただしそれも時と場合により、逆に速めに竿を振った方が良い釣果が得られた事も過去にありました。
その辺は臨機応変にシャクリ機のセッティングで対応するのもひとつの技術です!
ちなみに、この市販の自動シャクリ機は、

「竿の上下振り幅」

「竿を振るスピード」


が調整出来きて、これらのセッティング次第で釣果に差が出たりするので、その辺でも意外に楽しめます♪
さて、長々と2日間に渡っていろいろ書いてきましたが、いくら出来の良い市販のシャクリ機であっても、
使っている内に、

「もっと、あーしたい!こーしたい!」

という箇所が出て来ていたので先日、それらの改良に着手しました。
それが最終的に良い釣果に結びつくかどうかは判りませんが、僕個人としては不満の解消が出来てとても
満足しております♪(^^)v

後日、その改良の話を少ししてみたいと思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 釣りブログへ  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 


市販の自動シャクリ機について

昨年もそうでしたが、今年に入って特によく見掛けるようになった市販の自動シャクリ機は、
苫小牧にお住いの方が個人的に製作されたモノを販売しているそうです。
多少作りの荒い部分はありますが、

「その分、金額はとてもリーズナブル♪」

↓これがそのシャクリ機!(^^)
IMG_0196.jpg

最近は、他の方も自作して販売しているようですが、僕的には軽くてコンパクトなこのタイプが好きです。
ただ軽い分、風の強い日には弱いですが・・・・・・・。

あと、あくまで 「自作」 にこだわった力作の自動シャクリ機を使用している方も多く見受けられ、
見ていてとても楽しいですね~♪
又、市販品をベースに改造・改良を加えたりしている方もよく見掛けます。
その市販品の改造で特に多いのは、

↓このリンケージ部分でしょうか!?
IMG_0674.jpg

僕はノーマル(市販のまま)の 「ガタ有り状態」 で使用していますが、直結のガタ無し状態にして
使用している人がほとんどです。
そうする理由は僕にはわかりませんが、ノーマルのままだと回る度に、

「ガチャン!ガチャン!」

とガタがある分、音を立てて回ります。

「もしかして、この音が嫌なのかな??」

ただし、このガタのあるおかげで竿の上下に絶妙な 「間」 が設けられます。
なので、僕はそのままの状態で使用している訳なんです♪(^^)v


~~この話の続きはまた後日~~


ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 釣りブログへ  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ


自動シャクリ機の改良に着手!

最近、週末は天気が悪いし、

「今日は何とか釣りに行けそうかな!?」

という時は家庭の事情で行けなかったりで、悶々とした日々を過ごしております!(><)

取り合えず何もやる事がないので、最近は自動シャクリ機の改良に取り掛かっております。

もう直ぐ完成するので、その時は写真付きでUPしますね♪

ただし見た目は、ほぼ何も変化がないので期待してたらガッカリすると思いますが~!(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 釣りブログへ  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。