スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苫小牧では本当に長竿優位なのか?

初めて苫小牧にニシン釣りに行って驚くのは、

あのとんでもない長竿!!

ですよね!?(苦笑) 
常連さん達に話を聞くと口をそろえて、 

「短い竿でも釣れない事はないが、長竿の方が釣れる!」

と言います。 ネットで調べてみても大体そんな感じの意見が大半を占めている感じです。
僕自身、その言葉を信じて長竿を1本購入し、今に至っておりますが個人的に長竿は、

・竿が長いため取回しや手返しが悪い

・竿が重くて引きを堪能するという感じではない


という難点があり、出来たら4.5~5.4Mの竿で楽しみたいところ。

「ただ釣れないと意味がない!」

ので、

「本当に長竿の方が釣れるのか!?」

を実際に自分自身でテストしてみることにしました。


↓既出ですがテストの状況写真!
IMG_0395.jpg

真ん中に置いているが10Mの長竿で、右側が5.4Mの一般的な磯竿です。
今回はテストということもあり、使用する仕掛けは同じメーカーの同じ号数にしています。

でもって、いよいよ仕掛の棚をそろえて実釣テスト開始!!
まぁ、このテストの前の週に少し数が釣れたんで余裕があるからこんなこと出来ますが、いつもなら1本でも
多く釣りたいのでこんなテスト的なことをする余裕はありません!(苦笑)

(釣行の内容は既にブログにアップ(4/22日釣行)しているので省略します・・・・・・・。)

でもって肝心なテストの結果ですが、下記の通りとなりました。

・10M長竿 ニシン30匹(その内5匹リリース)

・5.4M竿 ニシン0匹


驚きの結果でした・・・・・・・・。
ここまで釣れないとは全く思っていなかったのでビックリです!!

仕掛けも棚も同じく揃えていても釣れないと言う事は、回遊ルートが沖側に外れているということなんでしょうね!?
確かに苫小牧のニシンは小樽のニシンに比べると、釣れたとき横にも走りますが、案外沖側に逃げることも
多い様に思います。
今回の釣行が、袋小路状態の勇払埠頭だったこともあるかも知れませんが、

「長い竿の方が釣れる!」

という話に関しては、

「常連さんの言うことに間違いは無い!」

というのが僕が出した今回の結論です。 

「ただし、竿は長ければ長いだけ良いのかどうか!?」

は別問題です。
見たところ、明らかに僕の長竿より短い8~9M前後の竿でバンバン釣っている方をよく見掛けます。
ある一定の長さがあれば、それほど釣果には大きく影響されないのかも知れません(←あくまで憶測です)

その辺についてのテストをする予定はありませんが、9M前後の長竿があれば苫小牧で十分勝負出来ると
僕は感じています。

長竿は大変高価なので、09M→10M→11M で値段も バン→バン→バン と大きく跳ね上がって行きます。
5.4Mでは話になりませんでしたが、釣りは趣味の範囲として考え、自分の懐具合と相談して良い竿選びをして
貰えたらと思います。

ちなみに群来の時や魚層が濃い場合はあまり竿の長さは関係しないらしいです。
逆に短い竿の方が、手返しが良く釣果も良くなるそうです。
ただし、そういう幸運に恵まれることはあまり多くあるわけではないので、渋い釣りの時のことを考えて万全の備え
だけはしておきたいものですね!

今シーズンはもう終盤かも知れませんが、今後苫小牧のニシン釣りに挑戦してみたいと思っている方の参考までに~。

ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 釣りブログへ  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

ハナパパ : 2012/05/15 (火) 22:10:10

初めましてハナパパと申します。ブログ拝見させていただいて私も同じ疑問を持ち以前調べたことがあり、沖から岸壁に向かって来てUターンするので、そのニシンを真っ先に釣りたい思いで長竿になったと聞いたことがあります。

孤高の釣人 : 2012/05/16 (水) 08:32:38

>ハナパパさん
はじめまして。
僕もその話はどこかで聞いたことがあります。(^^)

ただ、「Uターンするニシンを真っ先に釣りたい」 という話には個人的にちょっと疑問を持ちました。
というのも、沖から来たニシンのUターンする位置が短い竿でも届く位置であるなら、早かれ遅かれ短い竿でも長竿同様に釣れるはずなので・・・・・・・。

「それなら僕は人よりも真っ先に釣れなくても良いから短い竿で楽しく釣りたい。」

とそのとき思いました。
でも長竿が断然有利ということは、

・Uターンする位置が短い竿の届かない位置なのか? 
・もしくは回遊ルートが長竿じゃないと届かない位置なのか? 

のどちらかなんだろうなぁ~!って個人的に思った次第です。
ただ泳いでいるニシンを見て言ってる訳ではないので、あくまで個人的な憶測での話ですけどね~!(^^;)

もしかしたら長竿の発祥は、「人よりも真っ先に釣りたい」 という気持ちだったのかも知れませんが、現在は状況がちょっと変わって来ているのかも知れませんね~。

ハナパパ : 2012/05/16 (水) 21:32:07

私もUターン位置が短い竿では届かないのではと思いました。
でも小樽では短い竿でばんばん釣れますからね、よくわからないですね。

孤高の釣人 : 2012/05/17 (木) 08:05:01

>ハナパパさん
ほんと、良く判りませんよねー!(^^;)
だから釣りって楽しいのかも知れませんが~。

「郷に入れば郷に従え」

ってことなんでしょね!(^^)

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。