FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家製塩イソメ製作 第3段!

前回、飽和食塩水で作った塩イソメですが、塩をしたまま忘れて放置したため、なかなか身のしっかりと締まった
塩イソメが出来上がってしまいました。
もう少しふっくら作りたかったので、今回は気合を入れて挑んだのですが・・・・・・・。

「何故だ? 何故なんだ!?」

飽和食塩水で〆たのに約15%のイソメが身切れを起こしました!
前回と何が違うんだろう?
微妙に何かが違ったのだろうか??

ネットで何かその辺の原因が載っていないか?を調べてみると、その答えは見つけられませんでしたが、

「冷凍庫で冷やしたイソメを塩で〆る手法!」

と言うのがたまたま目に留まり、これもやはり身切れ防止の手段の一つらしい。

「じゃあ、試しにやってみるかな?」

ということで、冷凍庫で15分程冷やして動きの鈍ったイソメを塩で〆てみました!!
今回もイソメがグロなので写真は無しですが、

「身切れ率ほぼ0%!!」

綺麗に〆りました!


~~以下、僕の個人的な考えです~~

飽和食塩水を使用すると、単に塩で〆るよりもイソメの身切れ率が激減します。
手軽で簡単なので、とても良い手法だと思います♪

ただし何となくですが、全体的にイソメが伸びきって、「ダラ~ン!」 とした感じの仕上がりになっている
ような印象を受けます。

一方、塩で〆ると多くが身切れを起こしますが、イソメが伸びきってなく、「肉厚でふっくら」 と仕上がっている
ような印象を受けます。(←裏づけなし!あくまで印象)

釣り餌の個人的な好みだったり対象魚によって、

・「少し硬めが良い!」
・「長いのが良い」


という場合には、飽和食塩水で〆るのがベストで、

・「少し短くても身の太さ重視!」

という場合には、普通に塩で〆るのがベストかな!?と思います。

そんな中で、冷凍庫で冷やして動きを鈍らせてから行なう〆方は、自分でも実際にやってみましたが、
なかなか良い手法のように思います。
飽和食塩水に比べたら、手早く処理しないといけないので手間が掛かりますけど・・・・・・。

・時間がある時は、冷凍庫で冷やしてから塩〆!

・時間が無い時は、手軽に飽和食塩水〆!


というのが、僕のスタイルになりそうです♪
ただし塩イソメを海水に戻したら元に戻るので、どっちでもあまり変わらないのかも知れないですけど~!
自己満の世界ですかね!?(^^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 釣りブログへ  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

たけ : 2012/06/14 (木) 09:45:44

おはようございます。いろいろやってますね(笑)飽和食塩水も濃度が関係してるかも?でも私が一番気にしてるのはイソメ選び!昔某釣り具店でイソメを買った所、初めはそのままレジを通ってたのですが、その店に通い続けた所、仲良くなった店員さんが私の選んだイソメパックを黙って下げて違うパックに交換してくれました。それからは店員さんに、これどう?って確認してから買ってます(笑)やはり新しい物は棚の奥から並べてるようです。元気(新鮮)な太っといのを選びましょう。

孤高の釣人 : 2012/06/14 (木) 17:01:40

>たけさん
いつもいつもアドバイスありがとうございます!

いろいろやってますよー!(笑)
今週は手法の確認もあって約4500円分のイソメを塩イソメに変えました。
今週末もどこかに行って作った塩イソメを使って来なければ!!(><)

ハゴトコ : 2012/06/19 (火) 21:59:47

初めてコメントしますね。
普段は塩の中にイソメを放り込んで新聞紙で包んで吊るして置きます。
時間のあるときは、冷温で塩して、水分抜いて使っております、

保存する時は片栗粉をまぶして、タッパに入れて保存しております。
塩水で作るとでろーんとなっちゃうんだよねー

孤高の釣人 : 2012/06/20 (水) 07:59:06

>ハゴトコさん
はじめまして!(^^)
あー、やはり塩水で作ると、「でろ~ん」 となってしまいますか!?
僕の時と一緒ですね!(^^;)

ただ、身切れが少ないし手軽なので塩水〆も決して悪くは無いんですけどね~!
ちなみに昨日、冷凍庫で冷やしたイソメを〆てみましたが、冷やしが甘かったのか、
10%くらい身切れました・・・・・・(><)

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。